1/4
title2.png
 

PROFILE

大高 明  Akira Otaka

大高写真事務所  OTAKA PHOTOGRAPHY

公益社団法人 日本写真家協会会員     一般社団法人 日本旅行写真家協会会員

Member of Japan Professional Photographers Society (JPS)

Member of Japan Travel Photographers Association(JTPA)

桐朋中学高校・日本大学芸術学部写真学科卒業

アドアートデザイン研究所でインダストリアル・フォト(工業・産業写真)の基礎を学ぶ。長年に亘って産業写真のスペシャリストとして国内・海外で活動。

 

主なクライアント(業種):石油化学プラントエンジニアリング・建設・製鉄・重工業・電機・自動車・製薬など

ライフワークとして、1992年東京での偶然的なアメリカ人写真家との出会いをキッカケに世界最大の熱気球の祭典Albuquerque International Balloon Fiesta (New Mexico)に参加し、延べ28回メディアメンバーとして撮影。

世界各国のバルニストとの交流によりアメリカ各地・フランス・スイス・オーストリア・スリランカのバルーンイベントを撮影する機会にも恵まれた。

 

別のテーマとしてアメリカ南西部(Arizona.Utah.New Mexico.Colorado)に位置するコロラドプラトー(COLORADO PLATEAU)及び周辺地域(Nevada.Wyoming.California)の手つかず広大な自然風景と先住民が岩面に彫り、描いた岩絵(Petroglyphs Pictographs)の撮影を開始。一帯は地球史展示場と呼ばれ地球原風景の宝庫として多くの写真家により撮影されている。

 

2000年「The COLORADO PLATEAU」展(富士フォトサロン)以降、コロラドプラトーと周辺地域での連泊をベースにキャンプも含めたフォト・ワークショップを20回開催。

更に小人数のプライベート・フォトツアーも25回開催。

 

*フォトワークショップツアー、プライベートフォトツアー、写真展の詳細は

PHOTO-WORKSHOPページをご覧ください)

PL09p.jpg
 

GALLERY

INDUSTRIAL

 

BALLOON

 

LANDSCAPE

 

PETROGLYPHS